ダイエットで痩せなくなった時には

ダイエットの停滞期とは、長期的なダイエットをした人ならば、体感したことが多いはずです。いくら頑張ってダイエットをしていても、体重がほとんど減らない停滞期は、本当につらい時期です。何度もダイエットに挑戦しているのに毎回失敗してしまう人の多くは、停滞期の過ごし方にあるようです。停滞期の最中に、ダイエットがうまくいかなかったと感じたという人は大勢いるようです。ダイエットの停滞期とは、順調に減っていた体重が、全く変化が見られなくなった状態のことをいいます。体重が減らないで、停滞している期間が長引いていると、だんだんと気持ちが不安定になっていきます。苦手な運動や、好物を食べずに我慢しているのに、体重は減らずむしろちょっとしたことで増えるとなると、徒労感ばかりが強くなってしまいます。停滞期は体重が5%程度減少する時期に始まることが多いので、開始から1ヵ月後位になる人が多いようです。体重が5%減少すると、人の体は本能的に体が危機的状況になっていると察して、生命維持のために省エネモードに入ります。エネルギー消費量を抑えるためには、基礎代謝の少ない体になり、体脂肪を体に蓄積されようとしますので、太りやすくなります。停滞期の期間は人によって違いますが、だいたい1週間から1か月程度ですが、ここで諦めずにダイエットを継続しましょう。停滞期を過ぎれば体重が減るようになるので、途中で断念することなく、こつこつと続けることが、ダイエット成功のためには必要なことです。こちらもどうぞ⇒ビーナスボーテの効果は腰痛やダイエットにおすすめ